2017年12月09日

外野の声

1209ugurushima01.jpg


来年2月に一夜だけの写真展が決まる。
それも2時間ほど。
A1プリントで70枚くらいになる。
会員制の写真展。
これも面白い。

日々に追われて飛ぶように過ぎていく2,3年だったが、来年は写真展もやろうと思う。
発表しなければ写真家じゃない。
どこかで立ち止まって自分を見つめなおさなきゃダメだ。
その意味で今年鵜来島を訪問したことはとても良いことだった。
去年はフランス、今年は離島だったわけだ。
来年は撮り足して正式に『ウグルシマ』をやっておきたい。

今物凄い勢いで写真集制作作業をしているのだが、その都度プリントをすることでストレスが発散されている。
改めてプリントは大事。
トイレないマンションでは、いつか爆発するのだ。


さて、これだけ面白いストーブリーグも珍しい。
大谷を初め各選手がどこに行くのか。

残った7球団の中からどこを選ぶのか?
マスコミの判断は今まですべて間違ってきた。
自分だったらどこを選ぶのか、今一番もっともそうに言われているマリナーズはない。
2001年からイチローが渡った翌年からずっと低迷してきている球団は選ばない。
球団自体に大きな問題ある。
性質ともいえる。
そして西海岸なのに寒い。

ドジャーズも同様。
チームのバラバラさ、個人の力だけで戦う姿勢(チームカラーともなっている)が、優勝はできない。
とても選手の故障が多いチーム。
オカシイ。
野球は個々の力よりもチーム競技なのだ。

レンジャースはここ数年よくなってきているが、どうも締まりがない感じ。
どうしても投手力を強化できない。
昔は打撃に破壊力があったのだが、両方ともだめ、というか中途半端。
その分総合力は上がっている。
花がない。
フロントに問題がるのだろう。

パドレス。
滋味過ぎる。
ダークホースのように言われているが、ピンとこない。
まあここに決まれば人脈だけということになる。

エンゼルス。
ここも近年ぱっとしない。
いい監督と個性のある野手がそろっているのに投手陣の崩壊。
ピッチャーの強化が下手?

そうするとジャイアンツだろう。
近年世界一と最下位を繰り返している。
こんなに強くて弱い?チームはいない。
でも優勝した次の年に地区最下位になるというのは、分かりやすい。
まあ、はめを外してしまうのだ。
疲れているというのもある。
しかし選手の起用方がうまい。
団結力がある。
いぶし銀のような魅力的な選手が集まっている。
ピッチャーならそこらのバッターよりも打撃が良いバムガーナー。
そしてMLBを代表するキャッチャー、ポージーの存在。
私が大谷ならこの選手に球を受けてもらいたい。

お金を気にしない。
大都市のチームを選ばない?と言われているが、それはヤンキースの負け惜しみだ。
チーム(球団の特性)を考えるならジャイアンツだ。
二刀流?
二刀流なんて出来るわけない。
どの球団も本気でそんなことを考えているところはない。
日本などとはレヴェルが違う。
並みのバッティング(日本で少し打てるぐらいで)で通用するほど大リーグは甘くはない。
ピッチングに専念しつつバッターボックスに立てばいいのだ。
それにはナ・リーグが一番。
一週間に一度ピッチャーとバッターをやり、たまに代打に(出してもらえればの話)出るのが一番。

今年は忙しくてTVなんか全然見れなかった。

イチローはどこに所属するか?
他のピッチャーは?
田中は戦うピッチングが出来るよう(するように)になるか?


\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\


と、書いたところで『エンゼルス入団!!!』の報。

これは面白い。

もう少しピッチャーにテコ入れ出来れば台風の目となる。



来年はMLB楽しそうだ。

posted by tadakov at 04:53| 高知 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]