2018年11月15日

人生でまた忘れられない恐怖の日

1115todoronotaki.jpg




Facebookで紹介するというのでミチエ〜ルと一緒に滝廻り。


大荒れの滝を周り、轟の滝へ。


滝の上の神社に来た時なにやらジーンズの中がもぞもぞ・・・何かがいる、それもデカい!!!


悲鳴をあげながら神社の鳥居のそばでジーンズを脱いでパンツ一枚。


さて、ジーンズの左足の部分から出てきたのは、20cm以上の杉の枯れ枝。


20cmのムカデじゃなくって良かったが、どうしてそんなものがスリムなジーンズの裾から入っていたのか謎です。


しかし怖かった。


小学校の時パンツ中に入ってたコオロギ、中学の時ズボン中から出てきた小さなムカデ以来の恐怖でした。


紅葉狩りの人たちにパンツ一枚の姿を奇跡的に見られなかったのも幸運でした。












posted by tadakov at 00:00| 高知 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]