2021年02月08日

猿の罰

0208church.jpg



4日の夕方から悪寒喉の痛み。
恐ろしい痰が出るに至ってコロナ?・・・基本覚えはないが心配になって翌日病院に。
状況を説明するとPCRの検査をする対象には当たらないと言われるが検査してくれた。
陰性。
只の風邪。

土日を挟んで3日たっても回復の傾向見られず、再び病院に。
肺炎で2週間入院した数年前の悪夢がよみがえる。
再びのPCR検査。
血液検査にCT。
もちろんインフルにもなっておらず、肺炎の徴候もなし。
異常に肝臓が悪いのが発見されただけ(原因は深く思い至る)。
ただの喉風邪。

長引いてるだけ・・・



猿の罰 〈四猿〉シリーズ (ハーパーBOOKS) - J・D バーカー, 富永 和子
猿の罰 〈四猿〉シリーズ (ハーパーBOOKS) - J・D バーカー, 富永 和子


布団に寝ていると本が読める。
「四猿殺人事件」の完結編。
これが読みたいために全2巻を読んだのだが、確かにこれは3冊で一つのお話。
そして傑作である。
21世紀のベストミステリーの一つ。
何ともこの力でねじ伏せられるようなストーリーに酔う。
外連味たっぷりでどこに向かってるのか分からない快感を味合わされる。

(92点)

posted by tadakov at 00:00| 高知 ☀| Comment(0) | 本の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]