2008年05月25日

蛍景色

080525hotaru01.JPG



夜7時半ごろ山岳ダイバー・ヤマモト君より電話るんるん

「いまホタル撮りに来ているんですが、どんな感じで撮れば良いですかね〜、感度とか絞りとか?」

Y君、なかなか好青年でミチエ〜ルともども私たちのすっかり「お気に入り」になってしまったのだが、その質問をする相手はkenzoさんが適任かなふらふら

はっきり言ってその点ドコモ提供はいい加減であるいい気分(温泉)



で、私の考えるホタルの撮り方。


シャッタースピード、絞り、ISO感度はみなさんそれぞれ試行錯誤していただくとして(教えるほどの知識は無いもうやだ〜(悲しい顔))問題は「絵」である。

みなさん、ホタルを写すことに心血を注ぐあまり、写真(情景)そのものへの心配りがおろそかになっているようです。

たとえば世間で良いと思われているホタル写真→とにかくホタルの航跡が写っている写真→多ければ多いほど良い→もう乱舞してれば決定→そのためには多重露光して数匹のホタルを沢山にみせるの当たり前爆弾・・・なんてことになってます。

これはよく見るこの季節載っている新聞写真なども良くないわけで(大抵多重露光で数増やしてたりちっ(怒った顔))、また写真雑誌のコンテストで選ばれている写真もむかっ(怒り)

やっぱりホタルのいるところ(背景)が、魅力的に写されてなくちゃあダメむかっ(怒り)

光の乱舞(現象)だけなんて意味がない。(やる気なら誰でも撮れるし、それ以上の意味がない)

どこで、どんな風にホタルが飛んで、また佇んでいるか眼鏡そしてそれを見た「わたし」がどう感じたかぴかぴか(新しい)そこまで写し込められた写真じゃなくてどうするんですかあせあせ(飛び散る汗) (また言ってしまったなあふらふらご意見来るかなあたらーっ(汗)

見る方もそこまで見て写真を評価しなくちゃあダメだと思うんですがね。

そういう評価になってくると、ぐんとレベルの上がった写真が出てくる。

そうなると必然的に私なんかみたいな畑違いのヘタな自称写真家モバQなんかが、誰もやったことのない視点の「ホタル写真」で個展やってみようかななんて戯けたことにならないと思うんですがむかっ(怒り)

私は、ホタルの数なんてまったく興味ありません猫

一匹でもよろしい揺れるハート

それがどこをどんな風に飛んでいるか。

その不思議さ。

その時私が感じた、その神秘な時間を写せれば上出来わーい(嬉しい顔)



だからまずホタルを写すには、ホタルではなくその心を撃つ情景に対峙することです。


それを写す。(普段写真を撮っている方には簡単なことでしょ?)


ホタルの光だけに目を奪われては、だめです夜



そうするとホラひらめき グッド(上向き矢印)の写真なんて簡単に撮れちゃうじゃないですかドコモポイント


みんなが、わさわさいるとこに出かけて行って三脚立てたりしてちゃダメですよ〜わーい(嬉しい顔)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 今日の写真 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こ、これは‥ 

 『 挑戦状 』 …と受け賜った。

よ、よ、よかろう‥‥

それがし だけが撮れる『 絵 』を献上いたす。

我が愛機:貰い物コンデジ『 サイバーショット DSC T5 』の能力をMAX:POWER 全開じゃぁ〜。

‥‥って、

我が家から半径30km にホタルがおらんのじゃが‥
ちと困ったことじゃ・・・。

Posted by 初老の天狗 at 2008年05月26日 18:45
>初老の天狗サマ!


戦う前に

「おまえは、すでに死んでいる・・・(^0^)!」
Posted by タダコフ at 2008年05月26日 19:19
>> 東斗蛍光拳 タダコフへ

 なにをぬかしやがる! 

  オレさまの‥魂出痔携帯拳を受け‥‥


 え・・・?

  カ、カメ‥ カメラが‥‥

  そ‥そ‥そんなぁ〜〜 ひでぶぅ〜〜。


  ガシャ‥ 。
Posted by 初老の天狗 at 2008年05月26日 20:38
ためらわずに天狗氏は1Dm3もしくは1Dsm3を買いましょう・・・
タダコフ氏の膨大な原稿ペン攻撃には、ナンちゃっておじさん成金攻撃が効果的かも・・・

蛍は飛びよったら写るわね。

蛍がおらんかったら、釣具屋の蛍光浮きいっぱい買ってきて、釣竿で振り回す・・・

これが正しい蛍の写し方です。
Posted by kenzo at 2008年05月26日 21:47
こりずに今晩も蛍を見に行ってきました。昨日の近くの車の来ない暗い場所で撮影しました。ISO感度や撮影時間などいろいろ試しています。WBも電球にしたり。。。難しい。タダコフさんのいう写真はもっと難しい。。。今朝は集合写真のアドバイスありがとうございました。
Posted by 海童 at 2008年05月26日 22:30
>>>初老の転愚へ

がっはっはっはあ〜(^0^)/

R6を持って、いつでもかかって来なさ〜い!

勝手口を開けて待っているぞ!
Posted by タダコフ at 2008年05月27日 00:14
>海童くん

私も今日は家族総出でホタル見物。

昨日のリベンジをしてきました!

おそらく明日は今日のリベンジを(^ー^i)


「ホタル撮影論」は、まあ話半分で聞き流してもらえれば(^−^)です。

とりあえず「撮る」・・・実践から理論に移りましょう。

ちなみに私は撮影の時はWBなんかつつきませんよ、それとある程度灯りがあるとこ、車のヘッドライトがときたま遠くからあたるとこなどが好きです。適当に背景が浮びあがるでしょ?ネイチャー写真には興味が無いから・・・というふうに、いろいろな撮り方、考え方があります。

それが楽しい!(^−^)そこが大事です。

がんばってね!
ジタバタしながら撮影してください。



Posted by タダコフ at 2008年05月27日 01:43

 1Dm3もしくは1Dsm3って何!


何っ( ̄□ ̄;)!!
Posted by 河童 at 2008年05月28日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック