2017年02月14日

ディジュリドゥ

0214shinichi02.jpg



昼はスタッフ等がチョコを持ち寄ってお茶会。

女性6人に赤ちゃん3人。

私もご相伴にあずかりました。


来月から始まる個展のためfufufuuun bu sinichiが作品の一部搬入・・・チラシ用の写真を撮る。



昨夜は2月のレコード倶楽部。
倶楽部は7時半から開始ではあるのだが、みんな仕事が終わってからだから三々五々と、主だったものの集合は10時前になったりする。
早くても9時前。
だいたい早いのは私部長と解説委員長と副部長の三人。
みんなが集まってくる1時間ばかり前から楽しくやっている。
実はその時間がなかなか濃い。



Rubber Soul - Beatles
Rubber Soul - Beatles



去年の12月からレコード対決が始まっているので部員が集まると対戦が始まります。
で、その前にかけたい曲をかけるのですが、今月は先月話題になったモノラルレコード。
委員長がビートルズの『ラバー・ソウル』を持ってきてくれました。

分かっちゃいるけど・・・分かってなかったんですね〜。
発見!
まあ、確かにビートルズは、凄いのだ。
そしてこのモノラルレコードの音質。
ステレオを聴くよりスゴイ。

もう何年振りか・・・30年以上ですが・・・『ラバー・ソウル』聴きました。
レコードで大きな音で聴くっていいわ〜。
A面からB面、曲の並び。
捨て曲がない。

捨て曲がないLPってそんなにないんだよなぁ。
全部がシングル曲でもダメ。
ぱっと思い浮かぶのは、ボウイの『ジギー・スターダスト』ぐらいしか出ないわ。


ジギー・スターダスト - デヴィッド・ボウイ
ジギー・スターダスト - デヴィッド・ボウイ


ということで今月の一枚には、このレコードに決まり。
あとから参加したメンバーが聴いてないのが残念。

そして先月私がかけた近田春夫とハルヲフォンの『真夜中のエンジェルベイビー』の原曲、平山みきの『THE BEST』を持ってきてくれた委員長、ここがまたスゴイ!

3人で聴いて大盛り上がりでゴザイマシタ。


そうそう先月みんなが来る前にかけたプロコルハルムのLPもよかったなあ。


PROCOL HARUM - PROCOL HARUM
PROCOL HARUM - PROCOL HARUM


『青い影』しかないと思ってたら大間違いでした。


ちなみに私は今月はレコードではなくカセットテープで対決。
1984年10月17日に録音してほったらかしにしてあったものでも全く音質に問題なし、驚きます。
中からブロンスキビートの曲をかけました。
知ってるかな〜?


ということで来月の倶楽部が早くも待ち遠しいのだ。




0214cloud01.JPG


西の空にはぐれ雪雲が・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ふたりのYESTERDAY

0405michinoeki.jpg


今月の俱楽部TR2Cのテーマは花。
出席者は5人、初回以来の大盛況でありました。
前回は2人でやったくらいだから・・・(^−^i)

会長と特別顧問(勝手に言ってますが)Kenさんを除いては30才前の俱楽部員で結成されている Taromaro Rock Record Club 月イチの活動もなかなか楽しくやっております。
今回も気がつけば0時過ぎ、前回は2人で1時半ごろまでやっていたという、私は酔って憶えていませんでしたが・・・

で今月の1枚は何故かストロベリースィッチブレイドのSince Yesterdayとなりました。





確か今から30年ほど前1985年ごろの作品。
活動はとても短かったのですが、来日公演(中野サンプラザか渋谷公会堂?)に行きました。
今も当時の12インチシングルレコードと輸入アルバムを持っております。

会員がまだ生まれる前だったころの音楽がこんなに喜ばれるとは思ってもおりませんでした。

この一曲を聴くと今も私の青春時代が一瞬蘇るのでありました(^−^)




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月15日

FLAT

0115furatto02.JPG


いろんな撮影や仕上げがリミット、もうあと2日。

海外行くのに準備も・・・新しいスーツが仕上がって今日いろんな薬を買う。

なんか薬や歯ブラシを買うと少し旅行の気分が出てくる。

しかしまだやることがいっぱいで・・・(^−^i)






初めてダウンジャケットを買い、国際免許をもらい、10数年ぶりに腕時計を買う。

そろそろ荷物をまとめてみなくては・・・


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月11日

RIDE

0911moon.jpg

母が近所のおばちゃんを2人連れてやってきた。
本を買い、かき氷を食べて帰る。



お昼休憩、渦巻さんに「離ればなれコーヒー」を入れてもらいつい本の話。
お互いがその昔どんなSF小説を読んでいたか?
彼女の好きだったのは『夏への扉』・・・SFの名作と言われるハインラインの作品。
私はちょっと避けていた作品。
そのあとカート・ヴォネガット・ジュニアの作品の話から(これまた私あまり読んでない作家)装丁の話になり、文庫は和田誠が書いてて有名なのだ。
私もあの装丁画で何度手にとったことか?


0911sf.jpg


で本棚を探してくるとありました。
このやつは、今の『タイタンの妖女』の文庫のように輪郭線のあるスタイルではありません(
『スローターハウス5』は読んでないけどあの表紙に負けて持っているような気がします)。
両方とも読んだ形跡がない。
とくにフレドリック・ブラウン傑作集はまったく新品状態(経年変化は多少ありますが)ぴかぴか(新しい)
1982年発行の初版で(再販されてないかも)あのサンリオSF文庫、そしてなんと星新一訳なのだ。

かなりのお宝かもわーい(嬉しい顔)

こういう状態のサンリオSF文庫20冊くらいはあるかなあ。
ちなみにこの場所常時警備がかかってますからね〜わーい(嬉しい顔)

話が脱線しましたが、こういうふうに本の話が出来るってほんとに楽しい。





でもかなりの本で内容を忘れているのが哀しいことです。
中には読んだこと自体を忘れていたりもうやだ〜(悲しい顔)
新しい本を買うのも悪きゃないけど、古き良き本を読み直すことも必要かも・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

蜜柑

0912mikan.jpg

その人は籠いっぱいの蜜柑を持って現われた・・・


初めての読書の会は、参加者4名。
渦巻さんとYさんと私とそして急遽参加者が少ない場合を考えていた隠し球玉ミチエ〜ルがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちょっと・・・たらーっ(汗)

と思ったのが、大間違い。

お互いの自己紹介で40分。
本を紹介し終わったら2時間経っていたモバQ

Sさんが紹介してくれた本の一冊が、芥川龍之介『蜘蛛の糸/杜子春』お馴染みの本である。
其の中の『蜜柑』。
いやあ、その本にそんなお話があったこと、まったく記憶に無かった。
いやあ、そもそも猫あまりに有名なそのお話。
本を買って読まなくっても教科書、なにかその類の本に必ず出てくる話(今は知らないけど)。
だからまともに読んでなかったのか。

あまりに短い話だということでSさんが、説明してくれた(一部読みながら)。

それがとても素晴らしかった。

朗読の会もいいかも・・・

とにかく普段お互いが読まないかもしれない、三者三様の(ミチエ〜ルは本の紹介なし)本の紹介でしたが、そこは本好きの集まり、とっても楽しい時間を過ごしました。





来月の集まりがとっても楽しみ。
どんな人が来るんだろう。
こりゃあ10人集まったらえらいことになるなあ。


うずまき舎ポスター.jpg

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

無人の家

0530iwakai.jpg


ホタルに囲まれたその家はひっそりと佇んでいた。






連日あまりのホタルの数に目を奪われて何を撮るべきか、つい分からなくなる。

みんなこれにやられてしまうだなふらふら

ものを目だけで見てしまうと余計に見えなくなってしまう。

いかに見えないものを写すか、それに写真はかかってくると思う。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

ブル=ス・ズッキー

0424zukky02.JPG


今日も娘を駅に迎えに行く。
歩いてくる娘の格好を見て目が点にがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

猫「どうしたのexclamation&questionその服」

犬「着替えるのが面倒臭かったき・・・」

猫「ブルース・リーかと思ったであせあせ(飛び散る汗)

犬「・・・」

まったく意味が分かってないようだ。
まあ世代が違うというか、娘が生まれる遥か前の話だし・・・
娘がそんなジャージ持ってることを3年目になっても知らなかった父親も問題なのだがドコモポイントたらーっ(汗)
今日は遠足で全校このマキッキで五台山に行ったのだという。
このジャージを見たことのない人は、さぞかし驚いたことだろう。


猫「帰りの汽車には他に同じジャージ着ていた人いるの?」

犬「いなかったと思うけど」


0424zukky01.JPG


ミチエ〜ルに訊くと、どうやら行き帰り恥ずかしいから制服着て行くと言っていた娘は、現地で黄色軍団に目が慣れて帰りはそのままの格好で帰ってきたらしいのだ。

ミチエ〜ルわーい(嬉しい顔)「あたしの時代からジャージはあの黄色やったき・・・確かに『キル・ビル』みたいやね」

猫「いや、あのね〜ふらふらそこは『死亡遊戯』でしょむかっ(怒り)

ミチエ〜ル「脂肪・・・・フリーダイヤル


ここでも世代間格差があるようだ。




一度聴いたら忘れられないメロディ。
妙に後を引くのだ。
これだけ流行ると飽きるような気もしたが、どうしてCD「TRUE」も捨てなしでなかなか良い。
Avicii
どうしても名前を覚えられなくて今まで買いそびれていました。
サンスクリット語のaviciからきていて「無間地獄」の意味とか。
いいじゃないかわーい(嬉しい顔)
覚えました手(チョキ)
遅ればせながらBGMとして活躍しそうである。




浡㭰
posted by tadakov at 22:28| 高知 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

レジェンド

0226onthesea.jpg


ロック少年だった私。
昔東京の大学に行った理由は、4組のアーティストのライブを見るためだった。
デビッド・ボウイ
ブルース・スプリングスティーン
ロキシー・ミュージックは見た。






そして33年ぶりに夢を果たす。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

the time of season

0110tei.jpg


今日もリポD飲んで披露宴撮影ふらふら
花嫁さんの手紙に涙と鼻水すすりながらカメラ
早いときにお母さんが亡くなって男手一つで育てられた花嫁さん。
その手紙を聴きながら優しそうなお父さんを見て、ちょっと自分のことを考える・・・・私は既に父親としては失格(人間としてもちょっとむかっ(怒り))でありましてふらふら・・・感動した次第でありました。

最近わりと睡眠が足りている所為か、正月明けに2日くらい頭痛がするほど寝た貯金がまだ効いているみたいです。
やっぱり睡眠が足りないと・・・あと本読んだり、映画みたり・・・完全休日はもうないと諦めましたわーい(嬉しい顔)

あと音楽もるんるん大事ですね。





デスクワークには良いBGMるんるんこれ大事わーい(嬉しい顔)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月05日

われ一介の肉塊なり

1205studio014.JPG


おっとがく〜(落胆した顔)exclamation×2危なく作業台の下から出ていた赤ちゃんの手を踏むところであった。

実はさっきまで私はその隣で寝ていましたドコモ提供たらーっ(汗)というか、目が覚めたら隣にメグミが寝ていたのです。
目が覚めたらスタッフ全員出勤してました(ささやんの子供も)。

社長が朝一番に(昼でしたがむかっ(怒り))したことは、隣でぐずっている赤ちゃんの面倒を見ることだったのですわーい(嬉しい顔)



このブログは私の日々あれこれを中心に自分の感じたことを独り言のように書いています。
映画の話、本の話、写真の話、小話あれこれ、そしてたまに原発の話、政治の話、報道のあり方。
私は基本的に政治に関心はない。
どこの政党にも属してない。
しかし俗に言う無党派でもない(タダコフ党なのだ)。
では何故時々政治、メディア、この日本(人)のあり方に怒っているのか?

それは自分が表現者でありたいからだと思う。

表現者であるためには、もっとも自由、民主主義に敏感でなければならないからだ。
そうでなければ作家なんて標榜できない。
残念ながら日本では「自由」は、何もしなくてもそこにあるもの、与えられるもの、自分がしたいこと(しなくていいこと)ができること、と思っている人が多いことである。
もっと酷いのは、自分たちが自由に、民主主義の国で生きていると思っていると信じている人が多いこと。
日本は今までも民主主義から遠い国だったが、これからははっきりそうでないという法律を作ろうとしている。
少なくとも本当のところを知れば殆どの国民が反対するだろう法律を(国民の意思を)無視して成立させる。
この国の政治家は誰のためにやっているのだろう。
ほんとうにバカちっ(怒った顔)爆弾

話を元にもどす。
作家は(表現の)自由に一番敏感ではなくてはならない。
それは真実を知る。
表現は真実の探求なしには成立しない。
それは事実を知るということが根幹である。
本来国民が知るべきことを秘密にされてのほほんと生きてはいけない。

そんなこと何にも感じない人間はアーチストではありえない(それこそ政治家か)・・・と思う。








だから怒る猫





それだけだ。

posted by tadakov at 22:14| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月04日

時間との戦い

1204studio010.JPG


今夜もラフディップは香北の灯台のように赤々と灯が点っておりますもうやだ〜(悲しい顔)





がんばるのだ〜るんるん


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

がおおお〜!!

1113zukky.jpg


毎日オシゴトふらふら
もういつ休日をとったのかも記憶に無い。
もちろんシゴトがあるだけましだろあせあせ(飛び散る汗)というご意見があるのは重々承知ですが、まったくお休みがないというのも異常ではないかと・・・
猫もともと仕事一筋の人間ではありませんちっ(怒った顔)
どちらかというとダラダラしたい、あるいは遊び半分、オシゴト半分くらいがちょうどの人です。
週休2日大好き。
集中力も高いほうではありません。
いや〜だからオシゴトがダラダラになってしまうのかも。
ONとOFFが切り替えられない。
いやどちらかというとOFFならいつまでも平気なんですが・・・

結果、とっても居心地のいいスタジオを作ってしまって、ますますONとOFFが入り混じってしまいました。

でもたまには完全OFFが欲しい。
逃げても逃げても逃げ切れるものではなく、半年後のお客様と1年前のお客様を抱えて、あまり逃げていると破滅がやってきます。

いくら宿題がいやでも、お手軽なスマホの世界に逃げていると、気がつくと脱出できなくなります。
その娘の気持ち、よ〜くわかるんですが、今が一番だいじなとき、もっと身体を使ってほしいものです。

もちろんそれは私自身のことでもあります。
無限の未来が広がっているようにみえる娘と指折り数えての世代になってきた父と、どちらにしても人生そんなに長いものではありません。






今を生きなくては車(RV)ダッシュ(走り出すさま)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

パン売りのロバさん

1108k_chu_04.jpg

本日は校内合唱大会。

途中2mの脚立の天辺に座りウトウト眠い(睡眠)
決してつまらなかったわけではありません。
持病ですから・・・ふらふら

大きな声では言えませんが、バレエの発表会でも必ず撮影中に寝てしまいます(だから2人で撮影に行ってるってexclamation&question)。
もちろん運転中も熟睡します(犬んた・・・パンチ」)
何はともあれ、落ちなくて良かったです。


左の足の中指が2日前から痛くてびっこひいてます。
痛風じゃありませんようにふらふら

背中も痛い。
肝臓じゃありませんようにドコモ提供




この歌って童謡だったんですね。
ロバのパン屋さんの歌だと思ってました。
それも高知県だけの。

初めて全部聴きました。
今朝3時ごろNHKの深夜番組でかかってたのです。

最近もたま〜に年に一度あるかないか走ってるの見ますが、子供のころは、これが来るの楽しみでした。
めったに買ってもらえなかった。
たまにお小遣いもらってお宮に走って行くと、「チンカラリンるんるん」と遠ざかっていく車に涙したことを忘れることができません。

でも買ったら買ったで、そんなに美味しかったわけでは(いやロバパンの名誉のために言っておきますあせあせ(飛び散る汗)単に私が蒸しパンは苦手、中のチョコレートクリームやメロンクリームに惹かれていただけです、とにかく買いたかったんですね)。

それもこれもこの歌のせいです黒ハート





posted by tadakov at 23:58| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

過ぎたることの後始末

1011mikan11.JPG
山北のムーさんから戴いた今年初収穫のみかん、美味しゅうゴザイマシタいい気分(温泉)


事務所で寝ると目覚ましをかけておかなくても朝の光で起こされる。
いいか悪いか別にして・・・ふらふら
今日は誰も出勤してくるものがいなくて静かな土曜日、嵐の前の静けさか。


ミチエ〜ル犬

んたあせあせ(飛び散る汗)どこに160コもの球根植えたのよパンチ
そんなにチューリップ植えてどうするつもりあせあせ(飛び散る汗)
モリキョウコちゃんが言ってたわよ、ハウステンボスみたいですねドコモポイントたらーっ(汗)ってむかっ(怒り)


ガーデン管理のミチエ〜ルによると

「ぜんぜん違うどんっ(衝撃)





ということで全て掘り返すことになりましたもうやだ〜(悲しい顔)





どんだけカヴァーされたでしょうか?
やっぱりSladeは偉大です揺れるハート





posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月25日

13eyes作品評

0926gs.jpg


今日は午後から写真展の当番。
今回まったく展示されている写真を見てなかったので各ブースを見ていく。
昨年日曜日にギャラリートークを担当したので今年もその要領で写真を見ていく。
手帳に批評を書いていく。
写真を言語化していくことは非常に大事、言語化することで作者の意図、自分の理解度が深まる。

たとえばこういうふうにわーい(嬉しい顔)

長野自敬
タイトルなし
タイトルがないのは、自分の中でコンセプトが明確になってない所為か。
面白い。
写真に若さがあり、動きもある。
その分未熟なプリント(仕上げ)が見て取れる。
もっと大事にプリントすべき。
写真はだんだん回を重ねるごとに進化しており、楽しい。
遂に被写体がヌードになったわけだが、次の写真が楽しみ。
挑戦してほしい。
写真の並べ方はマチガイ。
(83点)

濱田直希
タイトルなし。
夜の始まりのひまわり。
構図が惜しい。時間は良い。
鏡の前の男と女。
一回のスナップに終わっているのが残念。
本人の述べているように鏡を見る人物に魅力を感じるのならもっとたくさんの写真を見せて欲しい。
そうすると面白くなる。
せめて10人。
若い写真が見れて良かった。
写真の見せ方の勉強必要。
(75点)

釣井泰輔
タイトルなし。
展示はシンプルだが良い。
本来は展示物に花や物をくっつけるのは無しだが、まあ、いいか。
写真のクオリティ、コンセプトも明確でペーパーも写真の印象にマッチしている。
左から2番目の写真、顔が全然見えてないのが惜しい。
今回の写真展でクオリティ、コンセプトが一番まとまっている。
良いお仕事写真。
(85点)

このように全ての展示者の作品を読んでいくわーい(嬉しい顔)

ちなみに自分の写真は

武内忠昭
タイトル「IN MY POOL」
個々の写真は面白いものがあるのに統一感がない。
展示の仕方もアイディアが足りない。
大きくすれば良いというものではないのだ。
特に左の上下の写真は他のものと違う。
大きいもの4枚にしてすっきりまとめたほうが良かったかもしれない。
作者の作品に対する言葉が重過ぎる。
作品からはそんなことまったく感じられない。
(70点)

というふうに見ていくのだドコモポイント


自分の写真をひとりの作家の写真として客観的に見ることが出来なければ進化はない。



0925immypool.jpg
in my pool



:::::::::::::::


今日遠くから見に来てくれてたお客さんの一人がたまに私のブログを覗いていると・・・それでとても嬉しい話をきく。
もの言わない人たちが見ていてくれるということを改めて感じさせられ、しっかりしなきゃと感じた次第です。

ありがとう揺れるハート



NHKラジオ深夜便のロマンチックコンサートでヴィンテージロック1970年代のブリティッシュロックの特集をやっていた。
いやあ私の子供青春時代ですが、あのころのロックはかっこいいぴかぴか(新しい)
また中古レコード集めたくなりました。

この間スタッフと食事したときにTレックス久しぶりに聴きましたが、今聴いてもしびれます。

ぴかぴか(新しい)

1980年東京の大学行っていたころ。
貸しレコードが流行り出したころでした。
三鷹の駅前の裏にあるお店が出来て入り浸ってました。
年間300枚くらいはLPレコード録音してました。
そこの若い店主に30代後半かなあ(私にはそのころオジサンに見えたけど)気に入れられていろんなアーティストを教えてもらいました。
もう死んでいたけれどマーク・ボランもその一人。
好きだったグラム・ロックを聴きなおすきっかけを与えてくれました。
その人が、名盤と手渡してくれたのが、Tレックスの「ザ・スライダー」でした。

秋の夜長はロック三昧もありかなあいい気分(温泉)



追記:
ミチエ〜ル犬「アンタ、人のことをそんなふうに言っていいのパンチ みんなそんなことを言われたら気分悪くなるんじゃないのむかっ(怒り)」という意見が・・・

まず上記の記事で気分を害された方がいらっしゃいましたら謝ります。
私の言い方が至らなかったことでしょう。

私は自分も含めてそれ(表現したもの)を作品として世間に出したらなら、甘んじてその評価を受けねばならないと思うのです。
まして写真家(写真を撮る者)が、自分の成果物を発表すれば、それに対していろいろな評価(あるいは意見)を受けるのは当たり前です。
もちろん出す者は、その作品が良い(好きだから)と思い出しているに違いありません。
良い評価を得ようと思うのはあたりまえです。
褒められれば嬉しいし、否定されれば腹も立つし、落胆することもあり、またそれに対して反論したくもなる。

批判されるのが嫌なら人前に写真を晒してはいけません。

でもその意見を(時には的はずれな意見も、あるいは好き嫌いだけで判断されて悔しいことも)己の糧として乗り越えて行くしかないのです。
もちろん無視して自分の信じた道を突き進むというのもありです。

写真を他人に見せるということはそういうことです。
表現者は謙虚さと自己顕示を兼ね備えていなくてはいけないと思うのです。
耳を傾ける事が大事。

また大らかでなくてもやっていけない。
いちいち私なんかの評価に目くじら立てていてもしょうがないでしょうわーい(嬉しい顔)
評論家だったらもっとキツイこと言うと思います。


でもまあミチエ〜ルが言うように私が言うと波風が立つのかもしれません。
気分が悪くなる。
私が別にえらい評論家でもないのに・・・と人間関係が・・・。


私は写真が好きなのです。

だから作品としての写真に厳しい。
能力があるかどうかは別にして自分の撮ったものにも同じ態度であり、どんな評価も受けとめます。
もちろん嬉しかったり、怒ったり、悲しかったりはするでしょうが、それが人に写真を見せることなのです。

耳に痛い意見ほど自分の作品を深化させる糧となります。
うれしい意見は今までやってきて良かったと思います。
またコンテストで賞をもらったりすると喜びます、しかしその喜びは5分とか半日くらいのものですね。
あっという間にそれは過去の評価となるのです。

で、そうならないようにまたがんばる・・・という繰り返しでしょうか猫


まあ最後は自分の話で「ええかっこしい」みたいに聞こえるとまた本意と違うのですが、まあそれだけ私はまだ誰にも認められてないということです失恋

・・・ということで私はそれが写真であっても本であっても映画であっても、自分の尺度で評価していきます。それはプロであってもアマであっても。
プロならなおさら上級者ならなおさら、そのレベルは高いものを要求されて当然です。

遊びでも真剣でなくてはなりません。

いや遊びならなおさら真剣じゃなくちゃ面白くない・・・そうでしょわーい(嬉しい顔)

9/29 3:00a.m.


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

事件は事務所で起きている

0706zukky.jpg


ミチエ〜ル犬「じゃあ先に帰るからね」

タダコフ猫「あれ、ズッキーは先に帰ったのexclamation&question

ミチエ〜ル犬「そこで死んでます・・・」


さっきまで宿題していた娘は、私のタイタニックのテーマ(ピアノ演奏)に誘われて爆睡したらしいいい気分(温泉)



腰痛の中、幼稚園の夕涼み会を撮影に行く。
昨年お遊戯だけ写して帰ってきて、写真が少ないとパンチ総スカンを喰らったので
今年はしっかり後のゲームやお買い物まで写して来ました(つらかった)もうやだ〜(悲しい顔)

改めてオシゴトは体力です。
そろそろ健康にも気を使わなければダメでしょうかドコモポイント





参議院選挙ってひょっとして始ってるグッド(上向き矢印)
posted by tadakov at 20:22| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

雨の日

0630rain.jpg


昼飯を食べてソファーで寝転んで・・・しかしひょっとしてお客さんが来たらと移動したとたんに証明写真のお客さんモバQ

この間はピアノ弾いてたら後ろにがく〜(落胆した顔)exclamation&question

1Fは安心できないふらふら





今日も雨。




posted by tadakov at 23:19| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

電車でGO!

0627yamanote.jpg


どうも3日も東京に確たる目的も無く滞在するというのはツライ・・・みたいなのだ。
好きで行っていてと言われるかもしれないが、今回はイレギュラー。
写真展を見に行く目的でもなく店の視察の計画を立てる間もなく、出発の朝までデスクワークだったしふらふら
ただ重いカメラを持って歩くのは嫌だったので前からヨドバシカメラの作例を見て気になっていたDP3を購入(ちなみにヨドバシの撮っているカメラマンは上手いのだ、雑誌によくある作例のための作例ではない)。

3日目、どこに行くあても(というかかなり疲れていたのだ)ない。
で、そういや何回か行きそびれていた東京オペラシティへ行く。
梅佳代の写真展がやっているのだ。

だが23日で終わっていた・・・もうやだ〜(悲しい顔)

しかたなくギャラリーショップへ。
そこで良い写真集を見つける揺れるハート
まあ無駄ではなかったわけだ。
まず梅佳代の図録。
これがなかなかいい。
簡易なソフトカバーとはいえ、凝っていて
オリジナルの紙袋に入っていて、中には袋とじや評論、梅佳代の話・・・遊び心満載で今まで出ている写真集よりこっちの方が良いぴかぴか(新しい)(わたしが金持ちなら観賞用、保存用、誰れかにプレゼント用と5冊くらいは買ってもいい感じのやつです)。
あと畠山直哉の新刊、エッセイ入りです。
畠山の前から欲しかった写真集がきれいな形であったのですが、これは予算と大きさの関係でパス(持ち歩くのが嫌むかっ(怒り))。
それにとても前から気になっていた長野陽一の写真集をじかに手にとってみることが出来、サイン本を購入。

何が勉強になるって写真集ほど勉強になるこはありません。
写真そのものよりも
どんな紙を使っているか、
どんなフォーマットの写真にしているか
その大きさ、厚さ
もちろんレイアウトに編集。

写真集を作るのにも
写真展をするのにも
もちろん自分の写真制作のヒントも大いに与えてくれます。

写真集を見ないものに作品を作れるやつなんかいないと言っても過言ではないと思います。

だって人の写真見ないで人と違う写真撮れるわけないですからドコモポイント


0627ichigaya.jpg


いやあまた下らんこと語ってしまいましたが・・・それでも時間が余って(当ても無く歩くのには疲れていまして)電車に乗って電車グルグルー(長音記号1)撮影いたしました。




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

Broken

0621sowaht.jpg


確かにこのカメラのたたき出す画像は他のものとは違う。
そしてこの現像ソフトもすばらしい。
ただ何をどう撮るかは別でふらふら予想通り一番難しいレンズを選んでしまった。
撮らされてしまっては負けなのだ。
この焦点距離との格闘が始まる。



どれくらいぶりか忘れたがレストランして布団の上で映画見ていたら案の定寝て眠い(睡眠)しまった。

ごぞごぞ起き出してスタジオに2:00a.m.入り。

またセコムにお電話。




最近とても気に入っている曲。
あがた森魚を思い出した方。
あたはは私の友達です。




人に慣らすために子猫を部屋に入れて2日目。

可愛い子猫ハートたち(複数ハート)います。

誰かいりませんか?
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

贈り物

0514tengokaomo.jpg
0514tengokaomo_2.jpg
撮影:ささやん

犬ドコモポイントわーい(嬉しい顔)「じゃあ、また〜exclamation×2三人は爽やかな声で帰っていった揺れるハート

見送る私はズタボロでやっと事務所の物置兼簡易ベッドスペースから天井に頭を打ちながら降りてきたところ・・・あせあせ(飛び散る汗)



昨夜午前0時遠方から仕事を終えて遊びに来てくれた友人あり。

土産の品や100枚ほどののLPEPを抱えて・・・着いた早々犬「まずこれをかけてくれexclamation」と渡されたのは渡辺香津美のLP。
なつかし〜いい気分(温泉)
渡辺のLPなんて友人が持っていた『KYLYN』1979年以来じゃないだろうか?
一枚のレコードから色々な思い出がわいてくる。
それから次々に持ち寄ったレコードやテープをかけ、気がついたら東の空が明るくなり・・・知らぬ間にダウン眠い(睡眠)
気がついたら事務所の床で倒れていたふらふら

何を話したか思い出せないが(私は子供のように嬉しくバービールをやり過ぎたようだ)とっても楽しい時間を過ごしました。
おかげで午後の中学の集合写真には身体を引きずりながら行きカメラ

でも不思議です。
テープなんてダメだ、ダメだパンチと言われていたのに40年前にラジオから録音したモノラル録音テープが見事に蘇りましたもうやだ〜(悲しい顔)
当時聴いた、いやそれ以上の音でぴかぴか(新しい)

結局卓球はすることなしに次回に持ち越し。
香川から強行軍で駆けつけてくれた心優しき友人たちに心から感謝いたします。

そしてとっても素晴らしいものを置いていってくれました。


0514tengokaomo_3.jpg


大事に管理いたしますからね〜手(パー)


一番のプレゼントは友人たちの「気持ち」でした。

しかし寄る年波には勝てん・・・ふらふら
3人が無事に帰還したことを祈ります。





BGM
「燃えよドラゴン」のメインテーマ
シュガー・ベイビー・ラブ (ルーベッツ)
エンジェル・ベイビー (ベイシティローラーズ)
アロー・アゲイン (ギルバート・オサリバン)
YOU (ジョージ・ハリスン)
HOLIDAY (ミッシェル・ポルナレフ)
恋のロンドンブキ(ルーベッツ)
IN THE MORNING (ビージーズ)
SATURDAY NIGHT (ベイシティローラーズ)


※1975年11月22日(土)に録音したSONY C-60カセットテープのA面より



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | MY MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする