2011年12月08日

私の内なる殺人者

1208bible.jpg



今年最後の前撮り。

段取り勘違いして余計な枚数写してしまいました。

アルバムに入れること出来ないのにふらふら





『キラー・インサイド・ミー』監督マイケル・ウィンターボトム

原作はご存知ジム・トンプソンの『内なる殺人者』・・・とか言いながら読んでませんドコモ提供
主役のケイシー・アフレックがいいですな〜(ベン・アフレックの弟です)。ショーン・ペン以来久しぶりに出た性格俳優じゃないでしょうかexclamation&question
去年見た『ゴーン・ベイビー・ゴーン』に今年見た『ジェシー・ジェームズの暗殺』(どちらも公開年ではありません)でも特異な味出してます。
それに『ファンタスティック・フォー』なんかでカワイ子ちゃんぶり全開のジェシカ・アルバの脱ぎっぷりも(ちょっと物足りないですがたらーっ(汗))彼女にしては決定で・・・その他の俳優もキャラが立っててなかなかよろしい作りでございました。
もうちょっとで大傑作に化ける映画です。
今後期待の監督でした。

久しぶりのオススメ映画。

(80点)


嗚呼、映画館に行きたいもうやだ〜(悲しい顔)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

MONSTERS

1122michiale.jpg


ミチエ〜ルが発見した五輪塔の前で・・・



映画を見に行く間がない。

正確には映画館に寝に行く間ないと言えるかもしれないドコモポイントたらーっ(汗)





『モンスターズ/地球外生命体』監督脚本ギャレス・エドワーズ 出演スクート・マクナリー、ホイットニー・エイブル
制作費なんとあせあせ(飛び散る汗)15000ドルわーい(嬉しい顔)低予算で大ヒットしたと言われてます。
メキシコのモンスター跋扈地帯からアメリカ国境を目指すというドキュメンタリー風のSF作品です。
その昔(って40年くらい前exclamation&question)スピルバーグのデビューのきっかけになった『激突』のことを思い出しました(内容は関係ありませんし、レベルも違います)。
アイディアと行動力さえあれば面白い作品は作れるという見本でしょうかexclamation&question
では120万円で作ったにしては良い映画であるということは認めておいて、気に入らないところを挙げますわーい(嬉しい顔)
まずタイトルが、いけない。
客寄せのためにこのタイトルにしたのだろうが、これを間に受けて期待するとガッカリします。
主人公2人が(というかほとんどこの二人しか出てないのだが)魅力に欠ける。
この方がリアリティがあるというご意見の方もいると思いますが・・・
この映画がこれだけ評価されるってあせあせ(飛び散る汗)それだけ今オリジナルの脚本を持った面白い作品が作られてないということでしょう。
見ても損はしないが、見なくっても損しないという映画でございます(どういうこっちゃパンチ)。

(70点)





posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月17日

熟寝死ス

1012mycar.jpg



私は読書が好きだ。

実は本自体も好きなのだ。
本というものは、文章だけではない。
装丁・・・表紙のイラストや写真、タイトル、そしてその字体(フォント)デザイン。
そして材質、どんな紙に印刷されているか。
小口の処理、しおりが付いているか否か。

所有欲。
だから図書館でも借りるが、当然買って持っていたい本がある。
読む時間が無くても次にいつか読むつもりで買う。

昨日迎えの車を待つ間にゾラン・ドヴェンカーの『SORRY_謝罪代行社』を、文庫で上下巻で出版されているのであるが、同時刊行されているハヤカワポケミス版の1冊を購入。
ポケミス版のビニールカヴァーが良い。
それに表紙デザイン(写真)が良いのだわーい(嬉しい顔)
文庫版とのヴァージョン違い。
少年の顔写真・・・だが顔がない。

やられたっexclamation×2って感じでふらふらこんなん撮りたかったな〜という写真。
かっこ良すぎる。

内容はともかく、それだけでこの本には90点あげてもよい。

おそらくこのデザインじゃなければ買わなかったかもしれない。

本の評価を文章だけでするなんて間違っていると思う。

だからアイパッドなんかで読む気はしないのだ。
悪いけどむかっ(怒り)それでいいという人は、本当の「本」好きではないと思う。

でも本当のことを言うと私は「本屋」も好きなのだ。
それも古本屋ではない。
新刊を売っている「本屋」さんだ。
古本屋の本が「出戻り」や「本の死体」が並んでいるのだとすれば、本屋さんの本は本自体が本として生きている(生まれる前と言ってもよいかも)。
誰かの汚い手に汚されていない、ヴァージンである。
手の切れるようなページを開く感触、裁断の圧力で紙と紙がひっついたような、パリイイるんるん開くときに音がしたりする。
それが良い。
中には何人にも立ち読みされて幾分折りがついたような本、誰にも見向きされず何年も本棚の隅の方にひっそりとたたずんでいるような本。
出してみればカヴァーが日焼けしていたりする。
それも好きなのだ。
本の様子だけじゃない。
もちろん本屋ごとに個性がある。
並べ方。
文芸書の強い本屋。
雑誌は完璧な本屋。
専門書に特化しているところ。
見たことのないようなエロ本が並んでいるような下妻の書店exclamation×2(懐かしいな〜ドコモポイント
もちろん建物自体も異なる。
そして経営している人の本に対する愛情の有る無しもビンビン感じるのだ。

千差万別手(チョキ)本屋は楽しい。


ここまで書いて「本屋が好きハートたち(複数ハート)」という私に

犬そりゃあオカシイだろう、あんたは変態だあせあせ(飛び散る汗)なんて人はいないだろう(犬いると思うけどむかっ(怒り))。

少なくとも私の心情は分かってくれるものと信じますフリーダイヤル


さあてここからが本題(犬なが〜パンチ)。


私は映画も好きなのだドコモ提供

もう察しの良い「新また」読者はお分かりだろう。

そう、その上に私は「映画館」自体も大好きなのだ。
それもションベン臭い古い映画館ではない(それはそれで嫌いじゃないです)。
最新設備のJBLスピーカーの12.8サラウンド、ビールのカップやハンバーガーも楽に置けて、リクライニングソファーで前の頭も気にならない、上映中にオシャベリするアベックを撃ち殺しても正当防衛が成り立つモバQ映画館ぴかぴか(新しい)
臭くなくぎゅうぎゅう詰めじゃなく、寒くもなく暑くも無い、甘い闇に包まれる映画館。
そんな映画館自体が好きなのだ。

それに適度な叫び声るんるん大量の血が流れようと服が汚れることもなく吐き気をもようすこともない。
そんなところで寝ない方がオカシイexclamation×2

私は寝るために映画館に通っていると言っても過言ではない。

こんな安らぐ場所で目がぱっちり開いている人間がどうかしているexclamation×2


この論理のどこが破綻しているか教えてほしい猫


この夏ミチエ〜ルが大学時代の友人のところに遊びに行ったとき、この話をしたらヒイヒイ言いながら涙を流して笑ったそうである。

雪「ダンナさん、何のために映画館に言ってるのexclamation×2

安眠眠い(睡眠)ちっ(怒った顔)っかexclamation&questionそれが映画館に行く理由だろうがどんっ(衝撃)


『猿の惑星:ジェネシス』
良き睡眠を取らせていただきましたいい気分(温泉)
観る前と観たあとの印象は変わらず、ストーリーも分からず。
適度に響くキーキー声、ときどき目を覚まさせてくれる。
今年一番の熟睡映画でございました。

(10点 熟睡度90%)


もう一度新鮮な気持ちで観ることが出来ます。
ありがとう黒ハート猿の惑星。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

KOTOBA狩り

0912moon.jpg


お父さんボクの寝室のクーラーはどこに行ってしまったのでしょうか?

梅雨明けに壊れてから8月の終わりに室外機を修理して据え付けたときに原因はダクトにあったと言い訳して帰っていったメーカーの二人。

連絡まったくなし、遂にクーラーの季節は終わりを迎えました。

クーラーは死んだままです。

去年ひと夏稼動しただけで・・・電気不足なんてまったくの嘘です。




<死の町>を死の町と言ってどうして糾弾されなければならないのか?

原発を止めると言ったからか?

TPPをやらないと臭わしたからか?

この国では「王様は裸だ」と言ったらメディアに抹殺されるようである。

オフレコで喋った事柄が表に出てくる。

それならばそれを漏らした記者も表に出てくるべきである。

これではまだ戦時中の方がましだったかもしれない。


私も遅ればせながらこの目で「死の町」を見てこなくてはいけないようである。





『イップ・マン 葉問』監督ウィルソン・イップ
映画館で見れなかったのが残念。
アクション監督兼サモ・ハン・キンポーが美味しい役、お笑い無しで出ております。
彼がこんなに歳をとったのだから私がとってないわけがないもうやだ〜(悲しい顔)(気持ちは20代なのにあせあせ(飛び散る汗)
今回はイップ・マンが香港に逃れてからの話、前回の後日談でございます。
今回の最大の敵は、白人(ツイスター)との異種格闘でございます。
『ドランゴンへの道』でもブルース・リーがチャック・ノリスとコロシアムで死闘を演じたのを思い出します。
これもいいいい気分(温泉)
まず何よりもドニー・イエン演じるイップ・マンの人物設定が素晴らしい。
ブルース・リー映画なら気の強いノラ・ミャオとも言える奥さん役のリン・ホンも捨てがたいドコモポイント
川井憲次の音楽も雰囲気ぴったりで好きです。
ラストには遂に・・・これは見てのお楽しみ。
この手の香港映画に見られる過剰な演技はなし。
美術も見事、日本映画完全に負けています。
当然第3作はゼッタイ映画館で見ると心に誓いました揺れるハート

(90点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

葉問

0911uchidabunshodo.jpg


2ヶ月ぶりにウエディングフェアで営業。
新しい写真集も発表し新規注文もいただきありがたいことでございます。



昨日のボツネタですが・・・気を取り直して

先日、インターネットから映画のチケットを予約しようすると暗証番号が合わないふらふら私としてはよくあることなので、暗証番号の変更をしようと電話番号と誕生日を入力するが、なんどやってもはじかれる。

しようがないので映画館の窓口で調べてもらうと誕生日が違っているちっ(怒った顔)あせあせ(飛び散る汗)

ちょっと信じられません猫自分の誕生日が違うなんてあせあせ(飛び散る汗)

後日今度はセゾンのお客様インフォメーションセンターに問い合わせると、確かに誕生年月が1年ずれている。
自慢ではないが自分の誕生日を間違えたことなど嘗て一度も無い私。
きっと入力マチガイに違いないと確認すれば、申込書の写しを取り寄せて再度確認してくれました。
すると申し込み用紙には確かに一年違いの年月日で記載されているという返事でした。

一旦は引き下がったわたしですが、どうも電話に出たお姉さんの態度が疑わしい。
ひょっとして自分の重大なミスを隠蔽するために私に嘘をついたのではないか。
よって再度問い合わせ電話今度は別の人に確認してもらう。


るとどんっ(衝撃)

やっぱり一年ずれているふらふら
それでも信用できない私は、申込用紙の写しを郵便で送ってもらうことにしました。

そこには爆弾

私の筆跡で一年違いの誕生日が(正確には初老の天狗さんの誕生日ですね)記載されていました。


ミチエ〜ル犬「あのねえ、誰でもちょっとしたことで間違うことあるって、特に注意力散漫のアナタはむかっ(怒り)

タダコフ猫「何を言いゆうがあせあせ(飛び散る汗)自分の誕生日も分からんなったらお終いであせあせ(飛び散る汗) ひょっとしてこれ、コピーをいいことに5のところを4に書き直してきたんじゃないやろうかexclamation&question


ミチエ〜ル犬「誰がアナタの誕生日ごときでそんな手間かけるのよ足

猫結果免許証のコピーをつけて本来の誕生日に変更手続きしましたが、世の中には不思議なことがあるもんですね〜揺れるハート


犬 「違うだろ爆弾



・・・というお話でした。


みなさんもくれぐれも気をつけましょう手(パー)


犬「アンタだけでしょ失恋






『イップ・マン 序章』監督ウィルソン・イップ 
こんな映画があったとはがく〜(落胆した顔)どんっ(衝撃)
サイコーですどんっ(衝撃)
私の年代であればブルース・リーを初めて見たときの衝撃は分かるはず。
そして私たちが知ったときにすでに彼は故人あった驚き。
『燃えよドラゴン』
『ドラゴン怒りの鉄拳』
『ドラゴン危機一髪』
『ドラゴンへの道』

そしてオマケの『死亡遊戯』・・・
どれも映画としては不完全B級であったとしても彼の存在は唯一無二、未だ李小龍の前に李小龍なし爆弾
私告白しますが、ブルース・リー以外基本的にダメでした。
千葉真一う〜むたらーっ(汗)倉田保明ざんねんたらーっ(汗)ジャッキー・チェン問題外たらーっ(汗)サモ・ハン・キンポー笑うしかなくたらーっ(汗)白人主演はハエの止まるようなアクションに許せずたらーっ(汗)少林寺系映画にはスターが不在たらーっ(汗)トニー・ジャーは自分が監督になりオカシナ方向にたらーっ(汗)
ところがあったのですね猫
ブルース・リー映画の正統、『ドラゴン怒りの鉄拳』の完成形ぴかぴか(新しい)
主人公イップ・マンは実在の人物。
なんとブルース・リーの師匠だった人でございます。
イップ・マン役のドニー・イエンが素晴らしい揺れるハート敵役の日本人将校池内博之もいいじゃないかあせあせ(飛び散る汗)
その他配役も申し分なし。
映像ストーリーに到っては、カンフーアクション映画のレベルでなく一級です。
もちろん主役のイップ・マンの伝記的ストーリーにしては、史実と大きく異なっているところがあります。
イップ・マンが財産を没収され香港に逃げ延びなければならなかったのは、日本軍ではなく、中国共産党の所為であるとか。
しかしそんな風に見てもこの映画の面白さにキズを与えるものではありません。

これは間違いなくナンバー1カンフードラマです。

私は今後アナタの一番のカンフー映画は?と問われると(ブルース・リーは別格として)迷わずこの作品を挙げることとなるでしょう。
さあ、まだ見てない方はレンタルショップに走るべしわーい(嬉しい顔)

(120点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

Midnight Meat Train

0907nunoshida.jpg


めったに来ない駅でミチエ〜ルが降りてくるのを待つ。


打ち合わせのあと美術館に早く着いてガラガラの駐車場で本眠い(睡眠)

駐車場の外、日陰の場所に移動して眠い(睡眠)
目が覚めると駐車場は満車、臨時駐車場もいっぱいがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

午後からフラメンコの公演があったらしいふらふら





『ミッドナイト・ミート・トレイン』

言わずと知れたクライブ・バーガー原作のスプラッタホラーである。
20年ぐらい前によく読みました。
タイトルなんだっけかな〜exclamation&question映画は魔導士シリーズが有名です。
で監督は、日本の北村龍平。
丁寧に作ってあります。
原作のイメージだともう少しグロい感じだったんですが・・・それこそあと10年早く作ってもらいたかった。
出来猫悪くはありません。
ラストのオチはふらふらまあ原作もそうなのでなんとも言えません。

笑わないでくださいねいい気分(温泉)
20年目はこれがハラハラドキドキゲロゲロでしたから・・・

(65点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

3Dの終焉

0903ga.jpg


ヤママユ蛾でしょうか?

毎年ここの自動販売機(お急ぎスーパー)で発見します。

娘はこれを見て逃げて行きましたが、私は大好きですわーい(嬉しい顔)

これほどキレイな固体(キズなし)は、久しぶりです。




『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』監督マイケル・ベイ



興行的にはそれなりにヒットするが、いつもラズベリー賞候補に挙げられるベイ監督。
今回は3Dに挑戦です。
私これ見て3Dは終わったというか、必要ないな猫ということを確信しました。
今回の作品、噂では前2回にヒロインで出ていたミーガン・フォックスが素行の悪さで降ろされて、新人のカーリー・スペンサーがヒロインに抜擢されています。
完璧の肉体にしては、お顔が・・・(そんなことを言っては批判のコメントが来そうですがドコモポイントたらーっ(汗)、でもちょっと設定があり得ない)まあ、もう少し何とかしてもらいたいのです。
おまけに主演のシャイア・ラブーフもいい加減うっとおしいのです。
ロボットは「ショック・ウェーブ」という強力なやつが出ているのですが、暴れ方はいいのですが、やられ方があっけないしふらふら
次回は監督変えてくださ〜いあせあせ(飛び散る汗)と叫びたくなりました。
この映画基本嫌いじゃないだけに文句言いたくなります。
例えがなんですが、その場限り肉体的気持ち良さだけのS黒ハートXのような作品。
ココロに残るものは無く3日後には完全に忘れているという作品でした。
残念ふらふら
だからレンタルになったらまた借りるかもわーい(嬉しい顔)
(50点)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

恐ろしいビューティフル

0825yasu.jpg


先日荷物を近くまで運んできた配達員から確認の電話。

ミチエ〜ルが場所を説明していると「嗚呼たらーっ(汗)あのネコがいっぱいいる家ですね」と言われたらしい。

現在家には、ピンク、おから、小判、イオと4匹いるのだが(自分で言うのもなんですが)どうもネコがわんさかいる気がしない。実際4匹が一緒にいることはまれだし。
やっぱりシロヤマとガスの存在は特別だったようですもうやだ〜(悲しい顔)


『ビューティフル』2009年オーストラリア映画



監督、出演者誰も知りませんふらふら
タイトル見てもサスペンスだとかミステリーとか思えません。
ところが、始まるや猫話はどこに進んでいくのか先が見えません。
そして「え〜えモバQ」のクライマックス(そんなことになるとは思えませんでしたあせあせ(飛び散る汗))。
でラストのオチ。
ちょっと驚きました。
これはかなりの拾い物でした。
お金をかけなくてもちゃんと良い映画は出来るのですね。
オススメです。

(75点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月17日

リアル・スーパーヒーロー!!

0817ashizurimisaki.jpg


レンタルしていたDVD5枚を返す。
とても一週間で5枚を見ることはできない。
かといって返却期限を越えるとえらい金額を追加徴収されますもうやだ〜(悲しい顔)困ったもんです。

『キック・アス』監督マシュー・ボ−ン
米国でスマッシュ・ヒットし見たいと思っていた作品だが、何故か日本ではロードショーにならず、当然高知でも未公開。
内容はヒーローに憧れたオタク青年が、キックアスとなり悪と戦うという映画。
こう書くと何かスーパーヒーローに変身して・・・などと思われるかもしれないが、さにあらずむかっ(怒り)単なるキモイ緑のスーツを着ただけの青年の騒動記であるわーい(嬉しい顔)
傑作コメディexclamation×2
助演の子役ヒット・ガール(殺人少女)に扮したクロエ・グレース・モレッツが素晴らしいぴかぴか(新しい)

いつも思うんだが、海外の映画に出てくる子役の演技は凄い。
最近は日本のTVドラマの子役なんかも話題になっているが、レベルはまったく違う。
今年私が見た上半期の映画ではピカイチの作品でございます。


完全に主役を喰っている。



放送禁止用語もバンバン出てきて
不謹慎かもしれませんが殺しっぷりも見事exclamation×2
堂々R15指定となっておりますふらふら

パンチ見るべしexclamation×2

(90点)



車のバッテリー上がりが2度目。

どうやら完死したらしい。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

黒鳥の湖

0705konnyaku.jpg


物干し場の地面に生えている植物。
ミチエ〜ルが気持ち悪いから全て引っこ抜いていいかexclamation&questionと訊く。

え〜それは我が家に自生しているコンニャクですから〜ふらふら




やることいっぱいで妙にまたオシゴトが停滞気味。
土地取得のため友人やその他の人とお話し合い・・・どんどん構想は大きくなっているのだが・・・ふらふら
この夏は事務所移転(2Fから1Fってだけですがドコモポイントたらーっ(汗))と大量の写真集制作をこなすぴかぴか(新しい)・・・と星のない夜空に誓うのであった猫
新しい作品撮影も進めます時計
なかなかウエディング撮影は無くとも遊んでいられないようですもうやだ〜(悲しい顔)(どうやって喰っていこうモバQ)。



ちょっと紹介が遅くなりましたが、

『ブラック・スワン』監督ダーレン・アロノフスキー

主演はあの『レオン』で可愛かった子役が成長しての・・・ナタリー・ポートマン。
あのころ見た感じではもっと背が伸びると思っていたんだが・・・
スリラーでございます。
予告を見ればネタバレというか内容は想像がついたのですが、ナタリーの演技で魅せます。
こんな使い方もあったのか〜がく〜(落胆した顔)という効果的なCGも見所。
今年のアカデミー賞作品賞候補にも上がっていた良質のドラマでございます。

もちろん、「そんなとこで寝るかパンチ」というところで眠い(睡眠)しまった私ではあります。

(80点)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

吉丁虫

0705tamamushi.jpg



今年初玉虫ぴかぴか(新しい)

もちろん発見時には蟻の餌になっておりましたもうやだ〜(悲しい顔)


犬「玉虫って全然丸くないじゃんかあせあせ(飛び散る汗)

いや〜だから玉虫って名前じゃないですからちっ(怒った顔)




梅雨っていつ明けるんだろうふらふら


『マッハ!弐』

『マッハ!!!!!!!』で衝撃的なデビューをして注目のスタントマンの今回は監督も兼ねての作品。
結果的には監督をやったのは失敗。
まあ思い入れが強すぎたというか、観客はそんな展開望んでないあせあせ(飛び散る汗)というか、ちょっと厳しい。
しかしワイヤーなどを一切使わないアクションは見事exclamation&question
それより驚いたのが、映像のクオリティである。
数年前からタイのスタッフは一流だと聞いていたが、少し大げさかもしれないが、日本映画など足元に及ばないスペクタルである(NHK大河はこれからタイで撮影したほうがよい)。
CGを多様しないぶんだけハリウッド作品にも負けてないと言える。
さてクンフー系映画といえば、ブルース・リー派とジャッキー・チェン派に分かれるのではないか(両方とも好きだという人・・・残念ながら私は友達になれないかもわーい(嬉しい顔))。
もちろん私はブルース・リー派であり、このトニー・ジャーはその流れを汲む、現在無二のアクションスターと言えよう。
お願いだから自分で監督なぞせずにアクションに徹していただきたい・・・いらんことで寿命を縮めていただきたくはないのである。
オジサンはちょっと心配なのだ猫
とりあえず『マッハ!参』を早く観たいものである揺れるハート(68点)




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

SUPER 8

0622nyans.jpg


明日晴れ晴れたら高知地方気象台も梅雨明け宣言を出そうかどうか迷っているんじゃないだろうか?

6月中に梅雨明けになるのは記憶に無い猫



今日は絶好のホタル日和だったのだが、山の神が怖くて外に出れなかったもうやだ〜(悲しい顔)

当分無理か・・・むかっ(怒り)


 『スーパー8』 監督J.J.エイブラムス

期待の若手監督。一昨年の『スタートレック』は出色の出来であった。
今回は制作にスピルバーグを迎えて(どういうわけか、スピルバーグが製作に入った映画は、ぱっとしません)。
内容もスピルバーグの『未知との遭遇』や『ET』へのオマージュ。
あの時代リアルタイムで観ている人には、たまらない演出となっております。
いや〜1980年前後が懐かしいと思える時代になってしまったんですねふらふら(わたしなんか青春の真っ盛り・・・あのう「青春」も死語ですかむかっ(怒り))。
俳優も私たちにとっては、ほとんど新人と思える配役猫それが良かったです。
難を言えば主人公のお父さん(唯一この俳優さんは知ってます)、今まで演じてきたキャラが頭に残ってて違和感ありました。
さて内容は・・・すいませんもうやだ〜(悲しい顔)何故かクライマックスで寝てしまってむかっ(怒り)想像するしかありません。
悪くないけど・・・そこで眠りに誘うとは(犬み「普通そこで寝る人が、どうかしているんじゃないのパンチ」)というところでかろうじて及第点かexclamation&question
まあもう一度観なくちゃ大きな顔して批評できませんもうやだ〜(悲しい顔)
(70点)



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

見えてきた糸

0530spiders.jpg


見えない糸があるんだよね。

本当は見ようとしなかっただけかも。

気がついたら身動きとれなくなっている・・・それでも認めようとしない。




ちょっとだいぶ前に見たものですが・・・upし忘れてましたので手(パー)

『トゥルー・グリッド』 監督コーエン兄弟 制作S・スピルバーグほか
皆さんご存知のとおり1969年ジョン・ウェイン主演の「勇気ある追跡」のリメイクである。
父を殺された少女が保安官コグバーンを雇い復習をする物語。
主演はジェフ・ブリッジス。
敵役は「ノーカントリー」主演のジョシュ・ブローリン。
少女役はヘイリー・スタインフェルド・・・なかなかいい。
そして最初似てるけど誰かな〜?と思ったほど役になりきっているマット・デイモン。
そのほかにも渋い役者が揃ったスバラシイ作品ぴかぴか(新しい)特にクライマックスは今までの西部劇映画には無かった美しい映像で感激しました。
監督はこのシーンを撮る為に作ったのかなドコモポイント
演出は「ノーカントリー」を彷彿させる辛口の西部劇。
「勇気ある追跡」ももう一度見直してみたくなりました。
日本の時代劇・・・特に最近の藤沢もの、どうして俳優をあんなダイコン使ってしまうのか理解に苦しみます。

(85点)




posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月29日

地球が止まる日

0529sakuramachi.jpg



金曜ロードショーで『地球が止まる日』を見た。
1950年代のSFのリメイク版。

ネタバレでも構わないと思うので言うがわーい(嬉しい顔)この映画、宇宙人がある日、地球を守るためにやってくる。

そう地球を破滅に導いている人類を抹殺するためにやってくるのだ。

地球の動植物をノアの箱舟たる球体に乗せ、その後、人類、人間の作ったものを破壊してゆく。


差し詰め今なら地球を守るために真っ先に日本人を殲滅しにくるに違いない。


この中で興味深い言い訳(セリフ)が一つ。

「人間は自分が危機に向き合わないと変わることが出来ない・・・」


そうであればいいのだが・・・ふらふら

逆に言えば「自分に被害が及ばないとと思えば、他の事はどうでもいい」ということであろうかちっ(怒った顔)

もちろん私も偉そうなことは言えない。

少なくとも今までは猫


まあねえ、自分の命が危なくなったら「もうしません、許してくださいexclamation×2心を入れ替えますexclamation×2」なんていうやつに限って助けてやると・・・
悪いことしない人は、最初からしない・・・私はそっちの方を信じます。


ただこの作品、メーセージとしては傑作なのだが、映画としての駄作である。


残念爆弾

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

英国王のスピーチ

0228shiroyama.jpg

「まるで羊の毛みたい」犬

シロヤマを見てミチエ〜ルの感想ですむかっ(怒り)



どうもだらだらオシゴトが続いて健康的じゃなりません。
来年度は内々に完全お休みの日を毎月作っていかなきゃいかんな〜と思う今日このごろ。

映画も仕事の合間を縫っての観賞ですふらふら
2日ぐらい読書なんかしてごろごろしたい・・・海辺の民宿あたりでいい気分(温泉)(目下の最大の夢ですらもうやだ〜(悲しい顔)


今日はバレエの先生のポートレート撮影でした。

バレエっていいよねえ、一度は憧れる被写体であります。



『英国王のスピーチ』

本年度アカデミー賞作品賞に輝いた作品でございます。
小品にして佳品ぴかぴか(新しい)
吃音症に悩まされた王子がどうやってそれを克服したか?
主役のコリン・ファースを初め、芸達者が揃い、静かな感動を呼ぶ作品となっております。

よかったわーい(嬉しい顔)私がけなしていた『ソーシャル・ネットワーク』が作品賞もらわなくってあせあせ(飛び散る汗)

どうみてもこちらが、上でございます。

ただ個人的には「ガツ〜ンパンチ」とくる作品を見たいのだ揺れるハート

(85点)
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

『ザ・タウン』


0216aoki.jpg


雑用と来週写さなければならない場所を下見。

私にとっては、けっこう大掛かりなものになるかもふらふら


『ザ・タウン』

前作の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』がとても良く、個人的に注目していたベン・アフレックの監督第2作。
俳優から監督、海外にはけっこういい絵を撮る人がいる。
そうだなあ、ロバート・レッドフォードにウッデイ・アレン(を俳優と言っていいのかどうか?疑問が残るのだが)、それに今では大監督となってしまった私の唯一アイドルであったクリント・イ−ストウッド、ショーン・ペンもそうだし、トミー・リー・ジョーンズも『メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬』という佳作を撮っている。
日本でもちょっと金が貯まると映画を作ろうとする芸能人が後を絶たないが、残念ながら碌な物見たことないなあちっ(怒った顔)(伊丹十三くらいexclamation&question
で期待の今作、初めに断っておかねばならないことが・・・はい、途中寝てしまいましたドコモ提供たらーっ(汗)そこんところを加味して判断してくださいね(今回ちょっと重要な中盤で眠い(睡眠)の予感むかっ(怒り))。
主役はアフレック。
ドコモポイントそうそう内容は、全米で一番銀行強盗の発生率が高いという実在の町でのお話。
ボストン・・・レッドソックスの試合、球場も重要な場所で出てきます。
なんか犯罪を家業にしているみたいな・・・で、ジャンルはというと犯罪を犯す男たちを縦軸に人間ドラマ(恋愛あり)になっています。
共演のクリス・クーパー『それでも恋するバルセロナ』は、リアルな銀行女支店長の役を、ジェレミー・レナー『ハート・ロッカー』はまた地だとしか思えないキレた役を好演しとります。
私はちょっとアフレックじゃない人が主役をはってた方が良かったような気がいたします。
それでも苦いけどちょっと希望のもてるラストは悪くありませんでした。
ラストは大事だよね。
途中眠い(睡眠)したので判断が・・・・モバQ

ちなみにミチエ〜ルは先日『GANTZ』を見てきたそうながく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)

(75点プラスマイナス5点)


posted by tadakov at 23:58| 高知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

ソーシャル・ネットワーク

0201unpenji.jpg



毎晩というか毎朝午前0時から本格的にオシゴトが始まるのがそろそろ嫌になってきているタダコフ猫ですむかっ(怒り)
もちろん自棄で夜食レストランというか、間食は止まらなくなり3ヶ月で腹回りはいい気分(温泉)ジーンズにベルトは必要なくなりました手(チョキ)



日中は写真の納品、間に映画鑑賞を挟み、皮膚科車(RV)ー(長音記号1)電気製品(洗濯機、冷蔵庫、掃除機にオーディオ)を買えないから見るだけ、そして塾の娘を拾って帰ってくる。

で、これからデスクワークもうやだ〜(悲しい顔)


皮膚科では笑える話があったのですが、ちょっとここでは書けません。




『ソーシャル・ネットワーク』監督デヴィッド・フィンチャー

本年度アカデミー賞の本命とも言われている作品(どうかな〜ドコモ提供)。
若くしてフィンチャー映像とも言えるスタイルを確立した監督。
衝撃的な『セブン』銀残しという手法で撮影された映像もすばらしいが、ストーリーも見事exclamation×2
これがデヴュー作ですが、私の一番好きなシリーズの『エイリアン3』も担当しています(評価はとても低くかったのですがシリーズ中一番好きです)。
『ゲーム』も悪くなかったし、『ファイト・クラブ』は傑作ぴかぴか(新しい)
ただ2002年の『パニック・ルーム』あたりからちょっとふらふら
最近の『ゾディアック』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ももう一つドコモ提供
ただ私にとって名前で無条件に映画館に足を運ばせる数少ない監督の1人です。
で今回の映画、フェイスブックという巨大なSNSサイトを作ったマーク・ザッカーバーグの自伝とでもいうべき作品です。
私は疎いものですからわーい(嬉しい顔)知らなかったのですが、第二のビル・ゲイツとも言われている人だそうです、って言ってもねえ、まだ20代らしいんですけどむかっ(怒り)
で、その評価。
私はあんまり面白くありませんでした。
出演者誰にも感情移入できません。
公正にみて映画の出来としても今一つ。
長年監督のフォロワーを自認する私でも彼の過去の作品中でも間違いなくワースト3に入ると思います。
じゃあなぜアカデミーや米国の評論家の中で評価が高いかexclamation&question
まあ、今のアメリカの時代ですな。
この不況。
現代のアメリカンドリームとでもいうストーリーをリスペクトしたかったという・・・またあるいは、別のバイアスがかかっているのかもしれません。
ちなみにアメリカでの興行収益は、いまひとつ(一般の人の見る目は間違ってなかったという・・・)
まあスマッシュヒットと無理やり言えなくもありませんが、彼ほどの監督が作った映画の中では失敗作に入ると思われます。
この夏にレンタルすれば十分かとドコモ提供

ところが耳寄りな情報。
次回作は『The Girl With The Dragon TAttoo』となっております。
あの昨年話題になったミステリー『ドラゴン・タトゥーの女』のリメイクを監督しているのですな。
映画化されたオリジナルのスウェーデン版は面白くなさそうで(現在DVDでレンタル可能)スルーしてますが(話題の原作ミステリーもどうも眉唾のにおいがして無視してます)これはちょっと期待させます。

『セブン』以来のドキドキさせてくれる作品を作ってほしいと切に願っております。

(68点マイナス)

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

ENDLESS JOB

1226shaseikai.jpg



ついにオシゴトの先が見えて、要は終わらないふらふら仕事納めは無しよむかっ(怒り)ということが分かりました。

よく考えれば会社勤めでもないのに日を決めて仕事納めなんて甘いこと考えていた私がバカでした(遅いお歳暮まわりで忙しそうな美容室やホテルを見ながら気付きましたもうやだ〜(悲しい顔)あの方たちに比べればどんなに私がだらしないか足)。
「仕事納めは仕事が無くなる時」と悟りを開かなきゃモバQ(おそらく喉元過ぎれば忘れますいい気分(温泉))。

などと言いながら毎日3時から4時までオシゴト猫気分も少々ブルーになってきております。


閑話休題。

先日撮影のあと飛び込んで見た映画について。

『バーレスク』なんとがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)夜9時半から上映にも関わらず寝なかった映画です。
主演はクリスチーナ・アギレラとシェール。
シェールといえば、あの大ヒット曲「ビリーヴ」が掛かっていたのはもう12,3年前かexclamation&question
御歳64才・・・ん〜ある意味化け物である(尊敬の意味を込めて)。
未だにフェロモン全開でございます。
クリスチーナ・アギレラよりずっとオジサンは惹かれてしまいました。
健在の妖艶な歌声に中性的なたたずまい揺れるハートクラっときます。
ストーリーは田舎からスターを夢見て出てきたアギレラが、バーレスク・クラブに入って・・・というお約束の話なんですが、歌と踊り、脇を固める俳優の良さで見せてしまいます。
シェーラの歌を聴くだけで一見の価値があります。

(78点)









これで少しでも年末のストレスを癒してくださいいい気分(温泉)


posted by tadakov at 03:05| 高知 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月19日

シャッターアイランド

1219soranohito.jpg


電柱に登っている人が好きだドコモポイント
ん〜あせあせ(飛び散る汗)というかその光景が好き。
もう十年以上前にそんな写真ばかりを集めて写真展をしようと思ったことがる。

あそこからはどんな風景が見えるのだろういい気分(温泉)

私たちとはまったく違う光景を見ているのに違いないのだぴかぴか(新しい)




そうそう、ここのとこブログをお休みしてたのでお知らせするのを忘れていましたが、2011年カレンダー原画展始まってます。
場所は五台山展望所にあるパノラマ・ギャラリーです。

1219gengaten_1.jpg
1219gengaten_2.jpg

何かと慌ただしい今日この頃ですが、よろしくお願いいたします。



先日娘が借りてきていたDVDを3日に分けて見ました。
『シャッター・アイランド』
監督マーティン・スコセッシ&主演ディカプリオ・コンビの作品です。
原作は「ミスティック・リバー」などで有名なデニス・ルヘインの同名小説。
ルヘインという作家はどうも私と相性が悪く、いまだに出版直後に買った「ミスティック・・・」も最初の数十ページを呼んだだけで本棚で眠っている。
かくいう「シャッター・アイランド」も何度本屋で手に取って買いそうになったことかドコモポイント
どうも動物的感が敬遠しているのです。
ちなみにエルモア・レナードや馳星周・・・最近では船戸与一なんかも敬遠ぎみの私。
本好きの人は、なんとなく理解してもらえるでしょうか?
ちょっと暗黒ぎみ、救いのない・・・疲れる本(読むのに体力を使うような本)は、オジサン猫現実世界でけっこう疲れているもんでトリップ出来ません。

で、前置き長過ぎですがパンチこの映画も最初からそういう色めがねで見ていた作品。
まず最初に言えるのは、この映画のストーリーに関して感想をいうとどうもネタばらし気味になっていまうということ。
でいつものようにあらすじはカットわーい(嬉しい顔)で別の面から・・・・スコセッシという監督は、名匠といわれているけどけっして器用な人ではない。
だからこんなミステリー作品はどうかな〜という微妙な感じでございます。
ストーンズのライブも撮っていたけど・・・あれも今思えば別の人が撮っていたら違っていただろうな〜(当たり前の話ですが)そういう監督です(どういう説明じゃむかっ(怒り))。

また原作によるのかもしれませんが、伏線多過ぎというか猫映画館で上映中必ず10分間は熟睡眠い(睡眠)という私にとっては一回では理解不可能というお話です。
登場人物の関係が分からなくなるのよ〜もうやだ〜(悲しい顔)
よってDVDを3回に分けて見ても結果は同じ揺れるハートという・・・それでもってもう数回見てみたい映画かというと「ん〜フリーダイヤル」ていうモバQ

困ったものです足

クオリティは低くない。

キャストもなかなか、久しぶりに見るマックス・フォン・シドー、私連れの映画ファンの方なら忘れられない名前・・・そう「エクスシスト」の神父役ですらわーい(嬉しい顔)
名脇役のベン・キングズレー、「ガンジー」やってましたよね。
そして最近活躍のジャッキー・アール・ヘイリー、「ウォッチメン」でロールシャッハを演じたあの曲者、「エルム街の悪夢」のリメイクであの殺人鬼もやってます(ちなみに大駄作)。
名作「羊たちの沈黙」の中からはテッド・レビン・・・一度見たら忘れられない強烈な個性の役者さんです。

でもどうなんだろう。
最初から2度見を奨励している作品って猫

とりあえず理解するにはも一度見なきゃあせあせ(飛び散る汗)ということで・・・問題はもう一度見る気がしばらく起こらないということですがドコモポイント

(70点)




まだまだオシゴト撮影が終わらない12月ふらふら

山盛りのデスクワークに、はたまた作品作りも同時進行しながら大晦日に向かって驀進中です。

今倒れたら前向きに倒れることができそうだな〜爆弾

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

鑑賞は自己責任で

0915umaji007.JPG


お昼に出入りの式場から新しいパンフレットを営業さんが・・・ジケイ君が写真を撮っていた猫がんばっているるんるん


ここのとこブログ休んでいたので感想が遅れていたのですが・・・

『バイオハザードW アフターライフ3D』(20点)

「ヒックとドラゴン」を見るつもりだったのですが、時間に遅れてふらふら
そろそろ3D映画というものが必要ないということが巷でも分かってくるのではないだろうか?(ディズニーはこれから作る映画を全て3Dにするなんて言っていたがたらーっ(汗)
もちろん3D対応のTVを買うなんてバカげている。
まあそれを証明する作品。
酷い爆弾
良かったのは最初3分。
渋谷の交差点シーンだけである。
まったく3Dの必要はない映画・・・というか3Dって謳わなければもっと酷いかモバQ
ハイライトシーンはどこかで見たようなシーンの寄せ集め。
主人公のアクションシーンも失笑ものである。
もともと期待はしてなかったのですが・・・なんでそんなものを見たのかもうやだ〜(悲しい顔)自業自得です。
ただなんでか、最後まで寝る事はありませんでした。

怒りで寝れなかったのかも・・・
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする