2016年10月22日

ゲネプロ

1022genepro.jpg



子供たちが増えて賑やかなゲネプロ。

バック紙を持っていったつもりが、出してみるとユポ・・・

撮影は明日なので助かる。


二日に1度はスマホが行方不明。



posted by tadakov at 22:26| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

1021maehama01.JPG



今年の9月の日照時間は記録的(平年の60%ぐらい)だったらしい。

感覚では晴れの日の記憶がない・・・という感じ。
そして今月もほとんどお日さんの顔を拝んでないし、晴れた日でもまるで梅雨の晴れ間のようで湿度が高い。
その割に過去の天気(9月、10月)を見てみると晴れマークが並んでいるのだ。
気象庁の定義では、天空の80%以上を雲が占めていても「晴れ」というのだから、私たちの感覚とはかなり違う。

今日も予定では晴れだったのにどんより雲に覆われていた。
さすがにこれは「曇り」だろう。

2時ごろ新郎新婦を乗せてロケに出ようと思ったら、ワゴン車がゆさゆさ揺れていた。
鳥取で震度6弱の地震。


あちこちで妙に鳥が集まっていたのが気になった。

静か。

波は高かったが、不思議と大きな音が聞こえなかった。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

マグノリア

0911magunoria.jpg


この冬かったマグノリア(もくれん)が咲きだした。

通常は春に一度だけ開花なのが通常なのだが、この種は初夏にかけて繰り返し咲く・・・


・・・ということで買ったのだが、春一二輪だけ咲いて終わってた(>_<)

それが8月になってから蕾が沢山付いていたのです。

それが咲き始めました!!

っていうか、咲いて散りだしてる!

いつ咲いたのか?


モクレンより鮮やかなワイン色。

そういやそろそろフランスではブドウの収穫の季節。


今年のワインボトル撮影のメールもありました。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

蘇鉄の実

0910sotetsu.jpg


中学校のプールのヨコのソテツ。
実が弾けていました!
ちょっとおいしそうで齧ってみたくなりましたが、後から調べると猛毒だそうです。
くわばらくわばら・・・



この土曜日はフル回転で、朝は中学校の運動会を撮影に行く。

これほど暑い運動会も記憶にない。


午前中で後は邦ちゃんに任せ、アンパンマン広場にイベント出店のため荷物を・・・

それから大慌てでシャワーを浴びて披露宴撮影に出発でした。


終わってふらふらで買い出し、ミチエ〜ルたちが待ってる広場に戻り搬出、片付けしてたら0時は過ぎ

プリント3枚して帰れば2時。


その間にPCには、「納品いつですか?」クレームメールが入っていたりするのでした。



披露宴のときに何人にも「その日焼けどうしたんですか?」訊かれる。

posted by tadakov at 23:51| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

県展の季節

0909beer.jpg



年に一度ほど、忘れたころにかかってくる、染色家Aさんからの電話。

一年ほど前に倒れられて心配していたが、声は元気だったころに戻られ一まず安心。

リハビリには通われているみたい。


僕が撮った彼女の作品が新聞に出ていると連絡くれる。

作品集を作ると数年前に過去の作品を撮影したが、のびのび。

でも全然気にしてませんから(^−^)。


元気が一番!



posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

蝉と蝸牛

0708tennis01.JPG


雨の中テニスの撮影。

全天候型はやだなあ。

雨ならウィンブルドンのように中止になってほしい(>_<)


カタツムリとセミが仲良くしてた。



一昨日偶然夜空にISSを見る。

昨日この夏初めてアブラゼミを見る。

蝉の初鳴きは一週間ぐらい前だったろうか?


モーレツな撮影の日々が続く。

明日はカメラマン5人で掛け持ち撮影。


じっと掌を見る・・・

それでもますます腹が出る、不摂生の極み。
posted by tadakov at 23:38| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

ウーマンパワー

0609green_rain01.JPG


10年来の大型プリンターがついに壊れた。
ノズル抜けが治らない。
そして今日新しいプリンターが来る。
運送会社は1Fまでしか上げてくれない。

伝票には177kg。
うんなわけないだろうに!!
しかし数十kgはゆうにある。
私を含め女5人で狭い階段を上げる。

落としたら死ぬわ!!

大汗かきながら、なんとか設置(^−^i)

で、今度の写真展用のデータが見つからない・・・いるときは、こんなもんだ。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四年連続四度目

0623mcginley01.JPG


一度目は気まぐれ。
二度目は必死。
三度目は証明。
四度目は確信ということで賞をいただく。

ところがミチエ〜ルは、わたしが毎年同じ時期に東京出張するのは、授賞式に出席するためだと思ってたらしいので、愕然とする。
もちろんそんなことも言った。
もちろん冗談だ。
毎年賞に応募する前に授賞式に出席するといってチケットを買うってオカシイだろう(^−^)
もちろん賞はもらうつもり、でも授賞式に出席するために上京するなんてナンセンス。
金の無駄である。

外のことを知らなければならない。
最低年に一度は上京して(まあ二度だな)研修しなければならない。
ナマケモノの私は自分で勉強なんてできないし能力もない。
最新のものを体感するのが一番。

もちろん生き抜きも必要。
それが新しいアイディアを生む。
授賞式は出て行くための方便だ。

連続四回やってしまうともう敵はいない。
前人未踏だし。
ただそれはとっても閉ざされた世界の話で池の中の蛙もいいとこ。
人がどう思おうと、今までも自慢したことはないし、これからもない。
少なくとも私の思う写真の世界では何のことでもないのだ。
それを改めて感じて帰って来る。


そのトップの一つを観てくる。
ライアン・マッギンレーの日本での初の個展『BODY LOUD!』。
といっても50点ばかり。
とっても小規模な回顧展。
それでも叩きのめされるには十分だ。
写真集や写真はいっぱい持ってるし見てきたが、プリントはまったく違う。
写真集なんていくら集めていてもそれは別のものである。

なんというヌードだろう。
なんという自由(に見える)。
なんという才能。

そして今回は、今まで行ったあらゆる美術展で初めて自由に撮影可能なのだ。
実をいうと撮影禁止なんてやっているのは先進国で日本ぐらいじゃないだろうか?
コンサートなんかでも海外は撮影自由だ。
ほんとうにバカらしい。

「ボクの作品を撮影したいなら自由にどうぞ。」

彼の笑い声が聞こえてきそうだ。

体調がよくなくてとても疲れた一泊二日だったが、とってもいいものを手に入れてきた。


もちろんライアンを見に行っただけではない。


posted by tadakov at 05:20| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

晴れ間

0614moon01.JPG


私は昼間の月の方が好きだ。

梅雨の晴れ間。

夕方青空が見えた。




私は基本的に車に興味が無い。
自分が乗るつもりもないものには、なおさらだ。
今は借りたフィットに乗っている。
もう一月ばかり。

新しい車に替えなくてはならなくなってから
最近わりと興味を持って対向車線を見ている。
普段一見変わった車でもないかぎり車種なんて思いもしない。
まあそんなもんだ。

しかしあらためて見てみるとフィットがたくさん走っているのに驚く。
売れたんだな〜。
最初買おうかと思っていたRV車は、高知ではあまり見ないけど、一番売れているとか宣伝されていたのでやめにする。
金曜日に納車予定の車は、走っているのを見たことがない。
前の車クロスロードみたい。
カタログ見るまでそんな車があることを知らなかったくらいだから。
決めてから一月、走っている車に気をつけているが、一台も同じものを見たことが無い。

香美市立図書館でやっていた高ア元尚展が終わった。
93歳。
テーマは『誰もやらないことをやる』であった。
まさにそれがアートの根源だ。
写真はまずそこが難しい。
手軽な分、余計に。
だからアートに入れられないのだ。

県立美術館でブラジル在住であった県内出身者の写真展を見る。
数十年前の記録写真。
数点とてもひかれるものがあった。
本人が写真を作品として意識したもののほうがつまらなく、初期の方が面白いというのは、よくあるパーターンではある。
何気に、いや軽く演出した写真の演出できなかったブラジルの空が素晴らしい。
モノクロの空が沁みる。
他のものをもっと見てみたかった。

一緒にやっていた別の写真愛好家のグループの写真展にも寄ってみた。
ああ、間違えてるな〜と思った。
どの写真も同じ。
名前が書いてなければ同一人物のものかと思う。

最近ちょっと気付いたことがある。
いまさらと言われるかもしれないが、写真を撮る行為は本来とてもパーソナルなものである。
作品であればなおさら。
それが本人の意思を越えて解され愛されることになり、やがてそれは作品として一人歩きしていく。
全員が最初から同じ視点で風景を撮っていては、そこに見るべきものは生まれない。

さて久しぶりのグループ展に出品する。
残念ながら新しいものは撮れなかったが、他のメンバーがメンバーだ。
他の人は知る人ぞ知る作家さんたちだ。
写真を出展する人はいない。

私も言っておこう。
「誰もやらないことをやりたい」
死ぬまでそんなことを言っているのだろう。

テーマは「海」

posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月04日

梅雨入りか?

0604chu_soft01.JPG



ソフトボール大会の撮影。
雨なのだあ。
一試合で今日は中止。
明日も雨だし、そのあとの順延日も雨予報・・・とその日に順延されても撮影には行けない。
さあ、どうなる。

posted by tadakov at 12:30| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

こいのぼり運動会

0521undokai.jpg



ここ数年で一番良い天気。

しかし帽子をかぶらずに撮るにはかなりきつい日差し。

炎天下と言ってもいいかも。

顔が痛い。



オマケに立ったりしゃがんだり、右ひざをやられてしまった。


久々の運動会撮影でそれなりに楽しかったのだが、体力的には限界に近かったのだ。
posted by tadakov at 18:12| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

宿敵

0515chatora02.jpg



事務所外の踊り場で身体を伸ばしていたら100mほど向こうにデカチャー。
近隣のボス猫の中の1匹である(今は亡きピンちゃん♀の彼であったことも・・・基本見つけたら石を投げることにしている)。
・・・が、置物のように行儀よく座って一点を見つめている。

何してるんだろうとカメラに望遠レンズを付けて出来たら・・・の写真が上である。
もう辺りを睥睨しながら歩いていた。

何かを咥えているたので
撮った写真を拡大してみたら

0515chatora01.jpg

スズメであった。


やはり長年ボスを張っているオス。
腹が立つが、只者ではない。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月09日

今年初○○○

0509kamiike03.JPG


新緑の季節、電話をいただいたが、仕事のため一週間ほど遅れて行く。
残念ながらもう花は終わっていた。
ただ新緑はギリギリOKで池は満々と水をたたえ前回とは一変していた。

私は魚を見たのだが、池の傍のおんちゃんとおばちゃんは、いないはずだという。
イモリとの見間違いか?
確かに去年の秋は水が無くなっていた。
でもなあ・・・見た。
今度は釣竿を持っていこうか。

持っていったレンズではもう一つうまくない。
かといって超広角レンズでは面白くない。
カメラも考えなくては・・・






真夜中ミチエ〜ルの叫び声で起こされる。

そうです。
今年初のムカデ。
彼女の抱き枕の上で視力検査の下あきのマークになってました、おぞましい。
数日前には娘の部屋に出没。
それも夜中に殺虫剤持って駆けつけました。

おおの・・・(>_<)




かき氷機の替え刃到着!!

快調にふわっふわの氷かけるようになりました。

やはり私が丹精込めて研いだ刃が、うまくかけない原因だったみたいです。

もう二度とやりません!!!

posted by tadakov at 20:00| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

朝のコーヒー

0507france01.jpg




インスタントなのだが、なかなか美味く入れてあったコーヒー。


たっぷり飲んだ。



ただ問題は、飲み干したのが机の上のキーボードだったということだ・・・
posted by tadakov at 13:07| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

アローカリア アローカナ

0507france03.jpg



「おまえ、フランスに10日間も言ってきたのに、何も土産話ないじゃないか?」とよく言われたのですが、もうそれも遠い昔の話のような・・・まだ数ヶ月しかたってないのに。


写真は、いま自分自身がいったいどれだけ撮れるものか試したかったというのもありましたが、結果1万枚ほど。
多いとも言えるし少ないとも言えるくらいでしょうか?
おそらくフィルムの時代ならこの1/3くらいだったでしょう(^−^)

とりあえずブログ用には2〜3年分あるでしょうか。
今のペースなら10年は使えるか?



0507france02.jpg



それはさておき、フランスで驚いたことの一つに見た事のない植物がありました。
ワイナリーの庭に松の木のように植わっていた(他の場所では見ませんでした)多肉くんのような植物、樹高5〜6m。
上のほうにはマツカサのようなものもついてました。
で、訊いても分からず・・・けっこう訊いても現地の方は知らないのです。

仕方ないよね、わたしだって自分とこの庭の植物ほとんど憶えてないし・・・帰ってきてから調べたのですが分からず。


とにかく今回一番インパクトあった樹でございました。


それが、



0507araucaria_araucana01.JPG



これ!
見つけました!!

名前は Araucaria araucana チリ・アルゼンチンのアンデス高山帯原産の耐寒性常緑樹なのだそうです。
言われれば、なんとなくブルゴーニュの庭よりあってますよね。
英名ではモンキーパズルとも言われ
枝や幹が全体的に尖った葉で覆われ猿も頭を悩ませるという逸話をもつ樹だとか。

この尖った葉っぱ、なかなか痛いのですよ(^−^i)


耐寒性も-15℃あるとのこと。
生育は遅いそうですが、さあ彼が育つのが早いか、わたしが老いるのが早いか
あの庭の樹を夢見て競争でございます。


posted by tadakov at 13:37| 高知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

0425fire02.JPG



停車中に後ろからぶつけられ、九死に一生を得たかと思ったら

ミチエ〜ルに起こされると隣の家が火事。

2棟が全焼するも自宅は助かる。

風があったら大変なことになっていただろう。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月22日

面白い学校

0422kogyo01.JPG




今までいろんな学校に前撮りで行ったが、一番面白かった。


とても個性のある学校だった。



総じて普通科はつまらない。








posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月21日

写真がない

0421setonaikai05.JPG



地震。
夜12時前にドンと来る。
ついに四国沖が震源となる。

娘を2階の部屋に移す。

写真のデータが心配になる。

昔は撮ってしまえばフィルムがあったからいい。
今は全てがあるように見えて実は何にも無い。

便利になるとは困ったことだ。


確実なこと、いくらPC上に存在しても電気がなくなれば終わり。

そして日本に住む限り地震はいづれやってくる。


posted by tadakov at 23:58| 高知 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

未来のある子供たち

0413flower.jpg



小学校2年から剣道をやった。
5,6年になると県内でチームは敵なし、全て優勝。
わたしは個人戦では万年3位ってとこだった。

でもわたしやチームに特別に才能があったわけでもなく、物凄い努力をしたわけでもない。
普通に練習しただけ。
それはやっぱりその時の先生の指導の賜物だったのである。

後年その先生がまったく剣道が出来なかったのを知り驚いたことを記憶している。



さて予選リーグをブロック1位で勝ち抜いても
やっぱり実力は2部リーグ上位ぐらいだったのである。

伝統の競合校とあたると惨敗なのだ。
敵はもちろん基本が出来ている。
攻撃力が違う。
戦術もある。
にくったらしいが、貫禄もあるのだ。

こっちは三役クラスと当たる学生相撲チャンピオンのよう。
拾いずらいところに打ち込まれてくる強烈なサーブ。
甘いブロックで自由に打たれてしまう正確なスパイク。
守りのフォーメーション。
穴がない。
全ての面で向こうが優れていた。

また昨日はあんなに輝いていた選手がのびのび出来てない。
やっぱりプレッシャーもあるんだね〜。
明らかな力の差を見せつけられた戦いでした。

でもねえ、これから強くなっていく感じがする。
延びしろがある。
今年はまだまだでも来年、再来年と後輩が強くなってくれるような気がする大会でした。

団体競技はなかなか一朝で強くなることはできないのだ。

でも楽しみ。
誰もここ見てないと思うけど、お疲れ様でした。


おじさんは希望を見出して体育館をあとにしたのでした。

いい瞬間はまったく撮れなかったけど・・・(^−^i)



振り返って
根拠の無い自信だけで今まで生きてきたオジサンは
ふと彼方を見つめ
ため息をはくのであった・・・人生はみじかい。

posted by tadakov at 15:22| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

スポーツ撮影

0417valleybool.jpg



中学校のスポーツ大会が始まった。

まずはバレーボール。

いやあ、驚いた。

担当の学校が強くなってる。

わたしが担当しだしてから過去最高。

サーブ、レシーブ、スパイク、基本が出来ている。


やっぱり指導なんだ。


明日は決勝リーグ戦。
posted by tadakov at 23:58| 高知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする